▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

観光用に1日、日程があり、ルーブル行きを目論んどるんやケド
 皆さんキツそうなので中止して昼集合とする。

起きられへんコトもないんやケド
 まぁエエわ、寝る。

文字が読めない話せない、なんで
 1人でルーブルへ行けるワケもない。
もっとも1人で行けるコなら
 パリなんざ出ちまいますがね。

寝る、寝るんやケド

寝たれと思てるんやケド

午前8:00から  目の前で道路工事が始まる。 どーもこっちでは あんまり防音とか防塵に気ぃ使わんらしい  あんまりにもごっつぅてなんか笑けてきた。 後で地図見たら、ルーブルとかって こっから1km程度のトコやった この足でなら5分前後で行けたなぁ


しっかし前はなんで行けたんやろか?

〜思て記録見たら、イベント前日に行っとってんな 記録も、しとくモンやな、なんでなんかわかると気持ちエエわぁ  そらそれができる日程が取れたら、そないした方がエエね。


それでも土産
持ち帰らんならん者もおるんで
 せめてデパートへ。

なんちゅうたかなアレ、ほら
多分有名で、ごっつでっかい
こんな感じのポスターの
なんしかソコよ、前もそこやった 特に買うモンもないんで パンフレット漁ってきた。

私の乳センサーは 獲物を逃さない 時計ない上、店内の時計が コレまた止まっとるモンで 時間のわかる人にくっついて 1階ダケうろうろと 化粧品関係フロアやけど  化粧品のはせくしぃでエエね。 エスカレーターも止まっとった こっちの客は、そんなコト  いちいち気にせぇへんようやね。  気ぃ合いそうやな。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


フランス語で大魔王は
 『デモンフュネーブ』らしい。
 毎度おおきに、デモンフュネーブです。

デパート向いのかふぇに入るんだが
高いなぁ、しかもコーラやったかな?
 ソレとビールがたいして違わん。

個人的には
 ビールと牛乳ばっかり飲んどった。
こっちのビールは濃い

 どれがこっちのか知らんケド濃い。

日本と考え方が違うんやろな
 ぐガぁと呑むにゃ、ちょいと勿体ない味だ。



デパートがオペラ座の辺で
せっかくなんで
 こっから何処かへ案内してもらう。

パリの見どころてなんやろ?
街なんかなぁ?

私は都会に興味がないんで
表通りの隙間からみえる
なんて言うんやろこっちでは?
路地裏の、あぁ、裏町かな?
 そんなんばっかり覗いとった。

何処へ行っても
 はいいモンだ。

ぶらぶらぶらぶらぶらぶら
コンコルド広場に抜けた
ここ、ルーブルの前なんやね
 知らなんだ。

いや
コンコルド広場も名前だけしか
 知らなんだケドね。

なんしか、いちいちモノが美しい。

皆さん
ゆるりと進んどるんやケド
ゆるりとスケッチできるホドの
ゆるりではなかったんで
 とりあえず手帳で。


何描いとんのかわからんでしょうが、 この走り描きが記憶の倉庫を開くカギになります。


セーヌ川で迂回して
シャンゼリゼ通りをエトワール広場へ

皆

通りの歩道帯を行くが、
街路樹というか、緑地帯を
ちょっと抜けた遊歩道は
 風情があって気に入った。
フランス語ができたら ココでおらんよぉになっとるトコロだ。 有名な観光スポット なんやろうケド結局、都会は都会  車の走行音からは逃げられやせん。 凱旋門近くまで来ると 緑地帯がなくなり観光客が激増
凱旋門がどないなっとんのかは見て来なんだが 写真なんかでは車が通っとるよなぁ  歩道か何かあるんやろケド、外観だけ眺めて手前の駅から帰る。

MIYUKINIサンと
サトウさんには
連日つきっきりで
お世話になってしもて
 全く恐縮でした。

なんとか
自分等で帰れそうなんで
 ココでお別れとなった。

『お〜るhぉわ〜る』
と言う挨拶は
覚えて行ったんやが

こっちでは

『めくすぃおhぁ』

 ちゅうのが一般的らしい。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


その国境を越えろ

ワレ.ガイセンセズ